2015年04月07日

複雑なご相談も多々あります!!

住宅購入は、ご家族を持てば「夢」の一つになります。
誰もが該当するとは言いませんが、購入すれば、愛着も執着も増してくる事については、間違いなさそうです。
相談会こう言った状況を一変させるのが「離婚」です。
よく問題になるのが、ご夫婦で購入する際に、ご夫婦の信用だけではローンが組めず、ご主人や奥さんのご実家を担保・保証人にするケースです。
もう離婚になれば、大変な事態を招きます。
担保提供や保証人になるには、主債務者が返済困難になった際、ご自身に返済能力がある範囲で行わないと、ご自身が何もかも失ってしまう場合があります。
親・兄弟・お身内からの依頼を断る事は、大変苦渋の選択ですが、全員が共倒れになる事態だけは、回避する必要があると思います。

特に、住宅ローンがご夫妻の信用でローンが組めなければ、組んではいけない判断をする必要がありそうですね。

a_ilst018.gif人気ブログランキング←ポチッと一押し


にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
にほんブログ村



posted by もっちー at 18:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クレサラ被害者交流会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。