2014年04月12日

裁判所からの通知・・無視はダメですよ。

サポートセンターの電話相談にもよく、給与差押や口座差押についてのお問い合わせがあります。
税金関係や事前の公正証書等ない場合、急に差押をされる事はほぼ考えられません。
そうなると、差押の前には裁判所からの特別送達(通知)がお手元に届いているのです。
(住民票の移動もなく、債権者に転居先を通知していない場合、旧住所/届出住所地宛に裁判所からの通知が届いています。)
重要な事は、裁判所からの通知を債権者からの郵便物と同じ扱いにしてはいけない事です。
裁判所からの通知を無視したり放置したりすると、判決(債務名義)をとられ、財産(給与や口座等)の差押を許す結果になります。
何事も、手遅れになる前に・・・ご自分で解決できなければ、相談に行くようにしましょう。
少しの手間を惜しまず、後悔しないように、積極的に動きましょう。


posted by もっちー at 00:01| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多重債務問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。