2014年03月02日

裁判所からの通知は放置しないように!!

ご相談内容の中で、もう少し早く来てくださった方がよかったのに・・という場合があります。
特に気をつけて欲しいのが、裁判所からの通知(特別送達)です。
この郵便物は、債権者からの督促状・催促状とは違い、裁判をおこされた通知になりますので、放置は自分にとって何の利益にもなりません。
たとえ、受け取らなくても、裁判がとまるわけではないので、受け取らない事に意味はないです。
債権者から裁判を起こされると、諸条件を鑑み、適切な対応が必要になる場合が多い為、早急に債務相談を受け、ご自分にとって最良の選択をすべきです。
この段階で躊躇すれば、手遅れになり生活に多大な影響を与える事態も起こります。
一人で抱え込まず早期の相談で、多少でも考慮する時間を持つほうが、大切だと思います。


posted by もっちー at 02:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 多重債務問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。