2014年02月25日

自己破産の間違ったイメージ。

やはり最近のご相談内容は、厳しい話が多いように思います。
どうしても、自己破産で生活再建をすべき状態の方が、返済できない中、返済できるだけしているのです。
もちろん約定返済は困難で、月々の利息相当額にも満たないケースでも、返済しているのです。
(家賃・光熱費・税金関係は不払い状態)
しかし、何らかの債務整理を行おうとしたら、債権者が家に乗り込んできたり、会社にきたりするんじゃないかの不安がある為、無理に無理を重ね、一番大切な家族にも愛想をつかされる!!なんて・・・
こんな酷い話はないと思いながらも、まだまだ相談に来られる方の中には、債権者が怖い!との意識が強烈にあるようです。
しっかり広報を行い、本来知って欲しい方々に知って欲しい内容が、伝わる方法を考えるべきだと思います。

a_ilst104.gif06-6782-5811.gif

参考http://1st.geocities.jp/mochybooo/gokai.html


posted by もっちー at 23:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多重債務問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。