2014年02月23日

住宅ローン延滞のご相談は辛いですね。

まだまだ景気の回復が見込めない状況下、給与の減少が著しく、住宅ローン延滞のご相談が多々あります。
ご本人やご家族の力だけでは改善されないだけに、解決方法が限られてしまいます。
(ご夫妻で共に住宅保持に固執されるケースは珍しく、どちらか一方が大変な執着をされる事がよくあります。)
住宅ローンのジェンガ最近の傾向は、無茶とは言えない月々の返済額なんですが、どうしても生活費から捻出できず、住宅ローン延滞・滞納へと繋がります。
特別、贅沢やギャンブルをしたわけではないのですが、返済困難になり、住宅保持が困難になる例も少なくない状況です。
大変辛い話になる場合もありますが、一番大切な事は、住宅ローン返済を生活の最優先事項にしない事です。「住宅」「マイホーム」は、ご家族にとって大切なものですが、日々生活をしているご家族が、振り回される状況だけは正常な日常ではありませんので、重要事項の選択を間違えないようにお願いしたいと思います。

住宅ローン滞納は大問題


posted by もっちー at 17:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 多重債務問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。