2011年07月31日

[ 「地デジ難民」問題は???

最近の相談、特に大震災以降の相談で気になる事は、収入の極端な減少と失業問題です。明日の生活に直結しているような内容で、借金返済問題を大きく上回るような内容です。明日からの生活をどうするのか??本当に大変な問題になっています。
そこで最近、気になってしかたない事が、「節電」から「地デジ難民」の問題です。「節電」は大切な事で、日々意識しておく必要があるかと思いますが、「節電」の行き過ぎで、経済が停滞している事も正直な感想です。
その一方、「地デジ難民」なる言葉が生まれる事に大いに疑問を持ちます。国が強制的に「アナログ」から「地デジ」に移行し、従来使えていたテレビが使えなくなり、唯一の情報収集の場を失う事は大変な痛手になると考えます。社会的弱者が多い、高齢者層への徹底も不足しておりましたし、購入したくても購入できない貧困層への対処に大きな問題があったかと思います。チューナーの配布も高齢者宅を優先配布は正しいかと思いますが、もう少し現実の社会を見ながら、今後の方針を決めて欲しいと思います。
高齢者及び社会的弱者の方々をしっかりフォローする行政機関であって欲しいです。


posted by もっちー at 01:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。