2011年02月21日

借金問題は家族の問題になりますね。

先日の相談で、心が痛くなるような話がありました。少し以前(40代ー50代)の方々は家族(ほとんど両親)の借金に振り回される事がよくありますね。ご自身では全く自分の収入以上に使った事がない人でも両親に頼まれ、カードでの借入れをはじめ、その後何年・何十年と支払いを続けておられます。今もって、ご自身が両親(無収入)の生活をみながら生活を続けています。
わが娘をみながら、私がこの様なお願いをしても100%全面的に協力をするなんてありえません。
良い事かどうかは別にして、時代の違いを感じます。
借金問題の解決については今の考え方を支持しますが、家族のあり方・つながり等を考えると希薄になっている事に違いないと思います。
本来の家族のあり方を考える良い機会ではないでしょうか?(人にはどんどん関わっていたいですね。)


posted by もっちー at 23:49| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。