2017年04月22日

債務者の乏しい知識につけ込む債権者

債務者の無知につけ込んで、言葉巧みに消滅時効の援用権を喪失させようとするでしょう。
時には、高圧的な態度で迫ったりすることもあり、その一方で、甘言を弄して、支払を求めたり、和解を求めるなどする。

http://www.syouhisya.org/respond.html
ラベル:時効の援用
posted by もっちー at 05:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする